テキのゲームダイアリー

ゲームをメインとしつつ、様々なことを書いていくブログです。

【BFV】接戦システムについて考える

Battlefield V

新作FPSであるBattlefield Vにはある隠しシステムが存在します。それは意図的に接戦になるよう調整するシステムです。 今、このシステムを巡り賛否両論の声が上がっています。今回はその両方の意見を見ていきつつ、自分なりの意見をまとめていこうと思います。

目次

接戦システムとは

そもそも、接戦システムとは、劣勢のチームの旗の占拠スピードやビークルの再召喚スピードを意図的に早くすることで、有利にし、結果として接戦を演出するシステムのことです。

詳しくは以下のサイトを参考にするといいと思います。

賛成派の意見

賛否両論の声が上がっていますが、まずは賛成派の声を見ていきましょう。

  • 逆転しやすくなった
  • 押し込まれにくくなった
  • 序盤でリードするだけじゃ勝てなくなったので緊張感がある
  • 回遊してるだけだと勝てなくなり防衛が重要になった

などですね。

BF1のチームバランスの悪さを改善した

前作Battlefield 1では、チームバランスが悪く、全拠点占拠され、自陣地で試合が終わるまでずっとリスキルされ続けるという、地獄のような状態になることが多々ありました。

しかし、それは接戦システムによりかなり少なくなりました。多少押されても、占拠スピードが早くなるので、すぐに盛り返すことができるようになるからです。

「BF1のような酷い惨状になるなら、多少操作されても快適にプレイしたい」

そう思う人が、非常に多いのです。

否定派の意見

逆に否定派の意見も見ていきましょう。

  • 意図的に手を加えるのは不公平だ
  • オンラインゲームに人工的なサポートを入れるのはおかしい
  • 試合開始直後から努力しているチームに失礼
  • 公平な試合を妨げるものだ
  • 逆転しても面白くない

などです。全体的に、不公平ではないかという意見が多いです。


さて、ここまで色々な意見を見てきましたが、ここで自分なりの意見をまとめていこうと思います。

接戦システムには賛成、でも内容は変えるべき

個人的には接戦システムには賛成です。 やっぱりBF1のようなリスキルされ続ける試合をやるよりかは多少操作されてても楽しめる試合をしたいです。しかし、占拠スピードなど、明らかに人工的な操作などは不満が出やすいのも事実です。なので、内容を変えて負けチームの支援をすべきだと思います。

BF1の装甲列車ドレッドノートでは不十分

BF1には負けチームへの支援内容として装甲列車ドレッドノートを呼び出す」というものがありましたが、結局あまり効力を発揮せず、登場から数分で破壊されて終了なんてことが日常茶飯事でした。

つまり、単純な支援ではなく、効力があり、恒久的な影響力のある支援システムが必要なのです。 その点で言えば、占拠スピードをあげるのは間違ってはいないわけですね。


では、ここで僕なりの提案をしていきます。

分隊ポイントを増やすようにしてはどうか

僕は負けチーム側に対し、獲得できる分隊ポイントを増やすシステムにしてはどうかと思います。というのも、分隊ポイントを利用することで、分隊長が強力な支援要請を行うことができるからです。 今作から追加された新要素になります。

支援要請にも種類があり、

  • V1ロケット (41500ポイント)
  • 特別な戦車や重戦車 (9850、20750ポイント)
  • 弾薬や回復キットなどの物資補給 (2000ポイント)

など。どれも戦況を有利に進めるものばかりです。

チケットが離されると
分隊ポイントブーストが発生。分隊と協力し強力な支援を要請せよ。」
というログが出て、皆で協力し、支援要請をし、戦況を打開する。なかなかいいとは思いませんか?

おわりに

この問題については、答えが無いものだと思っています。是非、DICEにはいい回答を出してもらいたいと思います。