ゲーマーの隠し部屋

ゲームをメインとしつつ、様々なことを書いていくブログです。

【youtube-dl】導入方法と使い方【Windows】

f:id:teki0918:20181022190120p:plain これは違法ダウンロード推奨記事ではありません。あくまで自己責任でお願いします。

動画サイトからダウンロードできる「youtube-dl」の導入方法と使い方について書いていきます。

目次

youtube-dlとは

youtube-dlとはPython製のプログラムでコマンドラインから動作します。様々なサイトから動画や音楽をダウンロードすることができます。

対応サイト

youtube-dlという名前ですが、Youtube以外にも

なんかにも対応してるみたいです。詳しくは公式の対応サイト一覧を確認してください。
youtube-dl: Supported sites

なんかダウンロードしたいなと思ったときにサッと使える安心感があるのはとてもいいですよね。

あと、Youtubeのプレイリストなんかも対応してます。一回のコマンドで複数本の動画をダウンロードできるのはとても便利です。

導入方法

以下の手順で導入を行います。

  1. Pythonをダウンロード・インストール
  2. youtube-dlをインストール
  3. ffmpegを導入

Pythonをダウンロード・インストール

以下のサイトからダウンロードします。 ダウンロードしたファイルをからインストールしてください。

youtube-dlをインストール

コマンドプロンプトで以下のコマンドを入力します。

pip install youtube-dl

ffmpegを導入する

youtube-dlでダウンロードはできますが、拡張子(mp4、wavなど)の変更ができません。そこで、ffmpegという変換プログラムを導入することでyotube-dlでも変換できるようになります。

以下のサイトからダウンロードします。
FFmpeg

ダウンロードしたら解凍し、「youtube-dl.exe」がある場所を探します。

僕の環境では、
「C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Programs\Python\Python37-32\Scripts」
にありました。

そこに、「ffmpeg.exe」と「ffprobe.exe」をコピーしてください。 f:id:teki0918:20181021174029p:plain

これで導入は完了です。

ダウンロードする

基本的な使い方は

youtube-dl [OPTIONS] URL [URL...]

です。オプションにはダウンロードする際の設定などを決めることができます。複数のオプションを利用できるので、様々な設定を利用できます。

ファイル形式を指定してダウンロードする

ファイル形式を指定してダウンロードする場合は、「-f」というオプションを利用します。

youtube-dl -f mp4

mp4形式でダウンロードします。

また、音声ファイルにしてダウンロードする場合は、「-x」というオプションを利用します。

youtube-dl -x [URL]

音声ファイルのファイル形式を指定する場合は、「--audio-format」というオプションを利用します。

youtube-dl -x --audio-format mp3 [URL]

mp3形式でダウンロードします。

保存場所、ファイル名を指定する

保存場所やファイル名を指定する場合は、「-o」というオプションを利用します。

ファイル名には動画の名前や使用している拡張子などを設定することができます。公式ドキュメントに詳しく書かれているので、そちらを参照してください。

youtube-dl -o "C:/youtube-dl/download/%(title)s.%(ext)s"

「C:/youtube-dl/download」というフォルダに、「example.mp4」などの名前で保存します。

設定ファイルを作成する

「-o」など、いつも使うオプションを設定ファイルに指定することで、コマンド側でオプションを設定しなくても自動で適用されるようになります。ここではその設定方法を書いておきます。

  1. ファイル名を指定して実行より、該当フォルダーに飛ぶ

Windowsキー」+「R」で、「ファイル名を指定して実行」を起動し、出てきた画面に「%appdeta%」と入力し実行します。 f:id:teki0918:20181022141742p:plain

  1. youtube-dlフォルダーを作り、そこに設定ファイルを作成する

右クリックメニュー→新規作成→フォルダーを選択し、「youtube-dl」という名前にします。

作成したらフォルダーを開き、
右クリックメニュー→新規作成→テキスト ドキュメントを選択し、名前を「config.txt」(.txtは拡張子なので変更する必要無し)にします。

  1. オプションを入力する

テキストエディタ(メモ帳やSubline Textなど)以下のように入力します。

# Lines starting with # are comments

# Always extract audio
-x

# Do not copy the mtime
--no-mtime

# Use this proxy
--proxy 127.0.0.1:3128

# Save all videos under Movies directory in your home directory
-o ~/Movies/%(title)s.%(ext)s

(公式ドキュメントより引用)

「#」をつけることでその行はコメントアウト扱いになります。あとは適当に入力してください。

アップデートをする

youtube-dl本体のアップデート方法です。

youtube-dl -U

これでアップデートできますが、pip環境だと

pip install -U youtube-dl

でも問題無いらしいです。

使い方に関しては以上になります。

参考にしたサイト

公式サイト。英語だけどすごく分かりやすい。

日本語訳サイト。英語が分からなくてもここ読めば大体分かる。

youtube-dlについて解説しているサイト。色々見たけどここが一番分かりやすかった気がする。